インプラントで噛む

インプラントなら噛める

トップ / インプラントなら噛める

インプラントと手術の情報

インプラント術後は自然に噛める

デンタルインプラントは、失ってしまった歯の代わりに人工の歯を埋め込む技術のことです。この手術はまるで本物の歯のように見える人工の歯を取り付けることで行われます。歯が失われた時によく使われている入れ歯やブリッジなどに比べ、インプラントはアゴの骨に埋め込んで固定していることで、歯のグラつきがなく健康な歯のように使えるのが魅力で、固いものでも自然に噛むことが出来るというメリットがあります。半永久的に固定されるので、毎日の歯磨きや定期的な歯科での検診といったメンテナンスにより長く良い状態で使えます。

インプラントを受けるメリット

インプラントは施術を受けることで本物のような歯を手に入れることができると人気です。また入れ歯とは違い、歯茎に土台を設置し、そこに人工歯を植えるため、毎日取り外して洗うような手間もなく一般的な口腔ケアのように歯磨きで対応が可能です。また特に若年層に人気が高く、入れ歯は年齢的に抵抗がある・歯が抜けたことを知られたくないという人が多いため、自然な歯を手に入れることができるインプラントが特に若年層に高い需要を集めています。

インプラントを秦野でご検討の方はこちら。
国外で積極的な活動を行っている医師がいるクリニックです。日々進化する技術を積極的に取り入れています。