インプラントの種類

二種類のインプラント手術

トップ / 二種類のインプラント手術

インプラントと手術の情報

インプラントの手術方法

インプラントの手術方法は、一回法または二回法という2種類の方法になるそうです。一般的には、二回法が主流になるそうです。二回法は、歯肉切開する外科手術を二回に分けて行います。一次手術で歯肉を切開し、ドリルでアゴの骨に穴を開けて歯の土台となる人口歯根を埋めこんだ後に、一度歯茎を閉じてインプラントと骨を結合するまでおいておくそうです。二次手術で再度歯肉を切開して人口歯を取り付け治療が完了するそうです。一回法は、二回行う手術を一回で行います。一回法では短期間で治療ができ、体への負担が少なく済みますが、手術を誰でもできるという訳ではないそうです。

チーズ

みんな気になる治療方法

インプラントを利用することを考えているのであれば、どのような方法の治療法となるのか知るということも大切なことになります。実際に治療を受ける場合には、医師からカウンセリングなどを行う際に詳しく説明を行ってもらうことができます。ですがそれだけの情報源ではなく、自分自身でも詳しく情報を調べるということも大切なことになるのです。自分自身でインプラントの方法について調べてみてから歯科に行き、調べた際の疑問を医師について質問することによってどのような治療法なのかしっかりと理解したうえで、治療を行っていくということにつながります。